サマーレッスン:アリソンスノウ レビュー "スイカ割り 水着に感動するも…"

追加配信のもう1つ、スイカ割り
前回の最後にも少し書きましたが、
高すぎた期待値を越えてはくれませんでした。
とは言っても、十分かわいいんですよ。
悪いのは全部私です。

まず最大の失敗は最初に衣装で水着を選んでしまったこと。
やはり、洋服でプレイして、スイカ割りのイベントになったら
アリソン、初水着で登場!

これが一番感動できたはずです。
なのに愚かな私は目先の欲望に負けて、
最初の衣装選びで水着を選んでしまいました…。

そして散々アリソンの水着姿を堪能したあげく、
生徒(アリソン)が縁側で水着でレッスンを受けている姿に
違和感を感じてしまう始末。

結果、スイカ割りの時には、ただ色違いの水着で登場する
アリソンを見る羽目に…。

何をやっているんだ! 俺は!

もう1つの失敗は、先に応援イベントを見てしまったこと。
これは予測不能な事態だったので、
しょうがないと言えばしょうがないんですが、
とにかく応援がどストライクにハマってしまいました。

その熱い思いは前回も書きましたが、
とにかくかわいかった!
ハートを鷲づかみにされてしまった。

そしてその熱い思いが冷めやらぬままに、
スイカ割りイベントに突入してしまった。
この事で、スイカ割りのハードルがぐんと上がってしまいました。

結果、『水着で登場』や、アリソンを誘導する 『遊び要素』など、
基本パックには無い要素を含んでいたにもかかわらず、
私のハートのエンジンはすでにオーバーヒートしていたため、
回転数がレッドゾーンまで上がりませんでした。

繰り返しますが、スイカ割りがいまいちな訳ではありません。
十分かわいいんです。
このイベントで私の一番のお気に入りは、
アリソンがスイカ割りスタート位置に立って棒を振り上げ、
「回って」の指示を出した後のアリソンのセリフです。

では~、回りま~す。



画像

このセリフが頭から離れません。
自分でも何でなのかわかりませんが、
アリソンのつたない日本語がかわいさを増してるのはわかりますが、
その中でも、たまにキュンキュン来るセリフがあるんです。

前回も書きましたが、応援イベントの一回目の応援後に
「もう一回」の指示を出した後、

うふっ、OK! いいですよ。
の「いいですよ」もそうです。



画像

そんなにつたない日本語でもないかもしれませんが、
声とイントネーションとシチュエーションなんかが
混ざった結果なんですかね?
耳障りがすごく癒されるんです。
ちなみにこの「いいですよ」に関しては前回も書いた通り、
「いいですよ」「よ」の時にちょっと顔を右手側に向ける
動作も込みで最高です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック